RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 170409 | m a i n | 170507 >>
170423

ウグイスが喋っているのを聞くだろう。ウグイスは走る動物で、セキレイが走っている。「いろいろな動物がいますね」と言われ、それから、次の動物について思う、思う思う、ええ、その、とても安全で安心できる動物について。テレビに動物がいた。テレビに動物が映っていて、それから、テレビの上に動物がいる。テレビの横に、右にも左にも動物がいて、テレビの下に、動物がいるだろう。お

 

お、テレビの後ろに、動物が隠れている。隠れている動物は木に隠れるウグイスだろうか……モモンガなのかもしれない。ウグイスはモモンガのように歌うだろう。モモンガがとても小さな口を開いて梅の実を食べるのかもしれない、ネズミを食べるのかもしれない。セキレイは飛ぶと白い色が目立つだろう。とても安全で、とても安心な、おお、生き生き健康な、ええ、あの、その、ようであったと

 

思う、思う思う、動物がテレビに出てきて、とても安全で安心であると思う、思う思う。テレビの下にはイタチが隠れているかもしれない。テレビが光っている時、テレビの下には闇が隠れている。その時、オコジョ、という名前(動物の、名前――)を、思い出す。それから、セキレイにいくつかの種類がいて、白いセキレイ、背中が黒いセキレイ、黄色いセキレイなど。青い動物。青いテレビ、青

| - | 05:06 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 05:06 | - | - |
現代詩手帖5月号(4月末発売)に詩を書いています。「パンダとサギ」。

それから、千葉雅也さんの本『勉強の哲学』(文藝春秋)78〜79ページで私の詩について書かれています。
| 小笠原鳥類(お知らせ) | 2017/04/27 4:16 PM |









http://tomo-dati.jugem.jp/trackback/330