RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 181118 | m a i n | 181216 >>
181202

「そこには」私はカラスとカモを同時に見ていた川が安全・安心な場所であった。それから小鳥もほとんど同時に見ていたのだが、その小鳥はスズメであったのかもしれない「板の割目があり」木材の模様が動物であるように見えたのだ。木材の……模様が……動物の……顔で……あるように見えたのだ見えたのだ、「「五月五月」と啼く犬たちがあり」、私は犬を今朝は見た。「」の中は現代詩文

 

庫『入沢康夫詩集』からの引用、「」の中は現代詩文庫『入沢康夫詩集』からの引用、「ときおりふるえる肉があり」、カエルの肉を電気を使って振動させていた振動させていた、ワニの肉(美しい漫画だった)、時々犬がやって来て安全で安心だ、犬は安全で安心な生きものなので安全で安心である「花にかざられて立ち上る男があり」化粧を、していた。木の箱、木の船、とても安全で安心で、生

 

きている生きている、「それから 菫色の人々の列のゆるやかな伸縮と蛇行がある」しなない。消えない。版画は木版画であり銅版画であった。いにしえの印刷の書物を集めて歩いていた。「そこには」古書店があり、青い本や紫色の本があった、赤い本が、あった……「「五月五月」と啼く犬たちがある」きのこのような、犬。犬のような、本棚……そこにキノコ図鑑は、並んだ。忘れない人々

| - | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:16 | - | - |









http://tomo-dati.jugem.jp/trackback/372