RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 181202 | m a i n | 181230 >>
181216

犬を見ただろう犬を見ただろう、歩いていて犬を見て、逃げた方がよいだろうと思うことも、あった。犬はおそろしい動物なのだから。それから、犬はおそろしい動物で、あった。動物はおそろしい犬だろうか……動物は、おそろしい、犬、だろうか……全ての動物はキリンのように恐ろしいのであると思った。動物園は、おそろしい、場所である。象が、おそろしい。象が、人を、追う。象の歌を

 

歌っていた。象の、歌……犬の、歌。ねこの、出てくる、歌。動物園に、ねこは、いるだろうか。カラスは、上で、飛んでいる、の、かも、しれない……動物園という、安全で、安心な、場所で、歩いている。そこで、いろいろな、種類の、鳥を、見ていた。安全で安心な、安全で、安心な、動物だ動物だ……象と犬が、安全で、安心である、と、言って、歌っている。それから猿がたくさんいて、お

 

お、活発に、動いているのを、見ている。タヌキは眠っているようだ。犬は安全で安心な動物だ、タヌキも、犬に、似ている。それからアナグマがいる。アナグマ料理を、想像する。安全で安心な食べもの……たぬき料理。なまず料理。水族館に大きな、ナマズが、飼育、されていた……水族館は、安全で、安心な、建物だ建物だ、動物園も安全で安心である。それから魚がたくさんいる建物、安全な

| - | 09:56 | comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 09:56 | - | - |
ブレヒトの芝居「セツアンの善人」の劇中で歌われる「八匹目の象」と題された歌詞を思い出しました。ヤクザな象なのです、八匹目の象も、誰も彼も。
| 外郎 | 2018/12/20 6:10 PM |
耳で飛ぶ動物(の、新しい、映画)
| 小笠原鳥類 | 2018/12/21 6:13 AM |
12月末発売の「ユリイカ」1月号で「入沢康夫さんの思い出」という文章を書いています。
| 小笠原鳥類(お知らせ) | 2018/12/25 5:18 PM |









http://tomo-dati.jugem.jp/trackback/373