RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 190113 | m a i n | 190210 >>
190127

たくさんの小鳥がいるのだろうなあと思う。たくさんの、小鳥が、隠れて、いるの、だろう、と、思う、思う思う……ガサガサの音や、たくさんの(合唱)鳴き声が聞こえてくるのだが、見まわしても小鳥の姿はよくわからない。どの、種類の、小鳥が、小鳥が、この、近くに、いるのか、いるのか、よく、わからない、わからないわからない。よくわからないよくわからないが、とてもよく晴れた

 

安全で安心な雪の少し積もっている風景で、安全で安心な風景の中で、セキレイが少し飛んでいるのを、見ている。他にもいろいろな、いろいろな、いろいろな〜いろいろな種類の小鳥が舞っていたり、あるいは枯れている植物の中に隠れているのだろうと思ったが、うまく、うまく、うまく確認できないな。よくわからない、よくわからない、と言いながら、犬と散歩をしている人の姿を確認、

 

確認、確認したり、している。カラスが飛んでいるだろうと想像する。今日はカラスの姿をあまり見なかったかもしれない、見たかもしれない、安全で安心な、健康で長生きする、幸せそれから幸せ、幸せ……それから……幸せ。確認、確認、確認、と言っている。黄色い鳥が飛んでいるのを見たのかもしれないし、見なかった夢なのかもしれないし、よくわからないよくわからないが、安全で安心な

| - | 12:23 | comments(1) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 12:23 | - | - |
1月末発売の「現代詩手帖」2月号、入沢康夫さんの追悼特集で詩を書いています。
| 小笠原鳥類(お知らせ) | 2019/01/27 12:25 PM |









http://tomo-dati.jugem.jp/trackback/376