RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 190224 | m a i n | 190324 >>
190310

今日は鹿を見なかったなあ。最近は鹿を見ていないような気分である。山に、隠れているのだろうか。安全で安心な安全で安心な……とても、とても、とても、とても、安全で、安心な、場所である、山に? よくわからないよくわからないが、山にはトラツグミがいて、UFOの、ような、UFO、の、ような、鳴き声で、鳴いている宇宙から来たんだ。鹿がいて、トラツグミがいる、山。そこでは

 

とても安全で安心で、安全で安心で、安全で安心で、とても気持ちが、落ち着くだろう。野鳥の声のレコードを聞いているように、気持ちが、落ち着くだろう山。しかしそれはレコードではなくて、コンパクト・ディスク、コンパクト・ディスク、コンパクト・ディスクであった。チャイコフスキーを聞いていたことを思い出す。山の中のような場所で、隠れて交響曲を聞いていた。それは数年前の、

 

ことで、あった思い出す思い出す。思い出す思い出す、とても……安全で……安心な……音楽だ音楽だ、最近はチャイコフスキーをあまり聞いていない。ヴァイオリン協奏曲を少し聞いただけかもしれない。山には木があって、木を彫刻してヴァイオリンを、作った。すると鹿の鳴き声が出る楽器になったのである。木があって、猿がいるなあ。猿楽、ということを、思い出す。ヴァイオリンと、笛、

| - | 11:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:05 | - | - |









http://tomo-dati.jugem.jp/trackback/379