RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 190310 | m a i n | 190407 >>
190324

今日は魚を見たのかもしれない。とても……小さな……エビだった。水槽は四角くて、とても、明るく、照明、されていた。水草が明るい緑や、赤だった。小さなエビのようだ、という一つの「小さなエビのようだ」という一つのエビのような文章を、ある本で、読んだことが、あったので、小さなエビは透明であると思った。肉が、透明である。筋肉が……透明で……ある透明人間の、映画も、透明

 

な、エビの、映画で、あった。エビは肉が透明で、殻が透明で、それから、それから、(歌っている)エルヴィス・プレスリーが出てくる映画のようであった。小さなエビのようだ、小さな〜エビの〜ようだ〜という、湖の、歌。湖には怪物がいて、今日は、とても小さな、魚を、見たのかもしれない。それを食べたのだ。とても……小さな……魚は……透明で透明で、ウロコが透明で、光っていた。

 

水槽には、照明が、あって、飼われている魚は、光っている光っている、ウロコが光っている。それから北原白秋〜と言って、歌っている。童謡を、思い出していた。いろいろな童謡があって、魚たちが出てくる童謡も、あったんだろう、よく覚えていない。思い出せないことも多い。夢を、すぐに、忘れてしまう。小さなエビのようだ、「小さなエビのようだ」という、一つの、文章を、覚えている

| - | 11:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 11:46 | - | - |









http://tomo-dati.jugem.jp/trackback/380