RECOMMEND
ARCHIVES
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
LINKS
PROFILE
OTHERS
<< 191229 | m a i n | 200126 >>
200112

雪の……上に……足跡がいろいろあったので、犬だろうか動物のような、と思っていると、人間の足跡もあったが動物の足跡があった。犬なんだろうか人間が犬といっしょに歩いていることがある。人間の……足跡の……隣に……犬の……足跡が……並んでいる並んでいるピアノ。それから私は鹿を見たので、雪の上を歩いている鹿だったので、雪は灰色の風景であると思った。雪が降っている。雪

 

のある風景で、鹿は歩いていた。鹿は、突然に現れる。足跡は鹿の足跡だったのかという発見であった。犬の、足跡も、並んで、いたのかも、しれない。いろいろな――生きものの――いろいろな――生きものの――いろいろな――足跡(安全・安心・健康・長生き・幸せ)が並んでいて、道路に雪が積もっていて、それから動物の足跡があった。橋の上にも動物の足跡や人間の足跡があった安全・安

 

心・健康・長生き・幸せそれから幸せ、何の問題もないことである。鹿は極めて安全な動物だ!歩いている私の前を鹿が歩いていて、足跡を残していた。それから、道路から離れて斜面を登っていく鹿は草が多い風景にいた。枯れている、草。それから鹿は消えてしまったし、キノコが消えてしまった(眠っているのかどうか)。極めて素早く(音楽の速度)(イタリア語)鹿は遠い場所に消えました

| - | 13:07 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:07 | - | - |